fbpx

「リノベ&リフォームで整える!」住まいマガジン

リフォーム

リノベーションとリフォームの違いを徹底解説!|家をガラッと変えたい時のポイントは?

ライフスタイルの変化にともなって家の住みやすさも変化します。
『今まではこれでよかったが、子どもが生まれたり・介護をする・古くなってきたところを新しくしたい。』
『家をガラッと変えたい時、リフォームを頼めばいいのかリノベーションを頼めばいいのかわからない。』
『そもそも言葉の使い方はあっているのかもわからない。』

本記事ではリフォームとリノベーションの違いを徹底解説します。また、家を変えたい時の流れやポイントも説明します。リフォームやリノベーションを考えている方はぜひ参考にしてください。

リフォームとは?

リフォームとは老朽化した建物を新品の状態に戻すことをいいます。住んでいるうちに古くなり、ってしまい本来の機能より劣ってしまったマイナスの部分をゼロに戻すイメージです。たとえば、剥がれかけていた外壁を補修する場合や、壁紙の張り替えなどもリフォームに当たります。家全体を作り変えるわけではなく、部分的に補修するため、比較的小規模な工事で、老朽化部分を元の状態に戻すことができます。

リノベーションとは?

リノベーションは新しく価値を追加する場合に使います。リフォームに比べて大規模な工事で間取りを変更するなど、家を一新するときに用いられます。ライフスタイルの変化に合わせてぴったりの空間を作りたい場合は、リノベーションという言葉の方が適しているでしょう。たとえば、先述した間取りを変更することや、耐久性や耐震性の向上工事をアップさせること、壁を取り壊して部屋を広くするなどの工事などを行います。

リノベーションの歴史

もともとリノベーションは、2000年初頭にあえて古い建物を、、利用する取り組みの一環で商業的に誕生しました。その後、一部の富裕層向けだった完全オーダーメイドから、多くの人のニーズにマッチしそうなマンションのリノベーションの規格型提案などへと姿を変えていきました。現在ではとくに戸建てへとに焦点を当て、ると、中古住宅や空き家活用の手段として注目されています。

リノベーションのメリット

リノベーションは大規模な工事になるものが多く工事が大規模になるものが多いだけに、少し勇気がいるものです。リノベーションで家の雰囲気がガラッと変わってしまうなら、引っ越した方がいいのでは?と思う方もいるかもしれません。そこで、リノベーションのメリットについて説明します。

ライフスタイルの変化に合わせて住みやすさを追求できる

ライフスタイルは自然と変わっていきますが、住居をその都度変えることは難しいでしょう。たとえば、家族が増えるとき時や介護が必要になったとき時などのように、ライフスタイルにはの変化が起こります。そのとき時、広々とした間取りに変えることや、介護がしやすいよう手すりをつけることなどの改装をすればより住みやすくなるでしょう。他にも、デザインを統一させることで、自分の家を今よりもこだわりのおしゃれな家にすることもできます。

新築よりも安くなる可能性が高い

リノベーションすれば、新築よりも安く新築同様の住居空間にできる場合もあります。中古住宅は一般的に新築よりも価格が安く、また選択肢も多岐にわたります。新築よりも好立地であることもしばしばあります。しかし、中古住宅は間取りやデザインが気に入らない場合も多く、選ぶことが困難です。ず、選ぶのが難しい場合もあります。しかしそこで、中古住宅を購入してもリノベーションをすれば、新築同様またはそれ以上の住まいに住むことができます。

物件の資産価値が上がる

中古住宅を購入し、築年数が経っている場合でもリノベーションしていると物件の価値を上げあげることができます。資産価値の高い物件を所有することができることもリノベーションのメリットです。

リノベーションのデメリット

以下のデメリットを踏まえて、しっかり対策や準備を行えば失敗のないリノベーションが可能でしょう。

暮らし始めるまでに時間がかかる

リノベーションの多くは、間取りの変更や配管の変更など大規模な工事が必要です。なかには、骨組みだけの状態にバラす必要がある場合もあります。そのため、暮らし始めるまでに時間がかかることを考慮し、計画を立ててリノベーションに臨みましょう。

そもそもの物件の耐久性に問題がある場合も

中古住宅をリノベーションする場合は、素材が古いケース場合もあり耐久性が落ちているものも少なくありません。そのため、専門業者の方と現地調査して、問題がないか確認しましょう。

ローンの金利が高くなる

リノベーションを行う場合、ローンの金利が住宅ローンよりも比較的、高くなることもあります。一般の住宅ローンを利用できず、リフォームローンを組む場合などがこのケースに当てはまりますそうです。リフォームローンは住宅ローンより金利が高いため、ローンを考えている方は注意してください。

 

とにかく家を変えたい

リフォームリノベーションの2つの言葉を厳密に使い分けていない工務店も多くあります。家の壁や間取りなど、ガラッと変えたいけど、リフォームしたいのか、リノベーションしたいのかわからない方も問題ありません。どのように家を変えたいのかについては専門家に相談してみることがオススメです。以下では、リフォームやリノベーションで家を変える時の流れやポイントについて説明します。

【和光ホームズのリノベーション施工事例】大幅な間取り変更でまったく違う雰囲気に!

リフォームやリノベーションしたい時のポイント

リフォームやリノベーションを考えている方は、相談の前にどこをどのように変えたいのかイメージしておくことが重要です。たとえば、もっとオシャレなデザインにしたい場合、北欧風のデザインなのかアメリカンテイストなのかなどを具体的にイメージしましょう。また、介護をしやすい家に変えたい場合や、子どもとも安全に過ごすことができる家に変えたいなど、目的がはっきりしている場合のも希望が伝わりやすいでしょう。ふわっとした抽象的なイメージよりも、具体的なイメージを伝えたられた方が希望通りのリノベーションに近づきます。

住んでいる家と中古住宅どっちがいいの?

上記でも説明しているように、リノベーションは今住んでいる家を改装するだけではありません。中古住宅を購入し、購入したものを改装することもできます。今住んでいる家を大幅に改装するよりも、中古住宅の方が希望の間取りに近い場合などは、購入費用を合わせても、中古住宅を購入してリノベーションする方が安い場合もあります。

しかし、長年住みなれた家を手放したくない場合は、もちろん今住んでいる家の温かみを残して施工することも可能です。たとえば、扉や壁は現状のものをそのまま使用するといったように、など、現状を最大限に活かした施工もできます。

旧家の一部を、新居でも使うように施工しました。 (和光ホームズ施工事例)

内容だけでなく、費用面においても現在住んでいる家と中古住宅のどちらをリノベーションするか悩んでいる場合は、要望を詳しく伝えて相談することがポイントです。

リフォームやリノベーションの流れは?

どのような流れでリフォーム やリノベーションを進めていくのかを解説しますみていきましょう。まずは、「プランニング」です。どのように変えたいなどの希望や予算はいくらかなどを相談しましょう。

次に「現地調査」と「見積もり」をします。上記でも説明したように耐久性に問題がないかどうかや、工事が可能かどうかを専門家と一緒に見て、より具体的にプランを立てます。新築を購入するよりもリノベーションの方が最適なのかなどもプロにチェックしてもらいましょう。

現地調査が完了すれば、見積もりを依頼します。見積もりに問題がなければ、「契約」をし、いよいよ「施工」スタートです。

中古住宅を購入してのリノベーションの場合は、契約したローンの融資が実行されローン契約し融資が実行され、引き渡しが完了してから施工がスタートします。

リノベーションする時の注意点

リノベーションをする時に注意するポイントをごした方が良いポイントもあるため、紹介します。
リノベーションは工事が大規模になることが多いため、スケジュールには余裕を持っておきましょう。暮らし始めるまでには時間がかかると思って予定を立てておくことがポイントです。また、工事期間は別の場所で生活することになります。そのため、スケジュールによっては工事期間の生活費が変わってくる可能性もあります。工事のスケジュールは正確に把握しおきましょう。工事のスケジュールに変更があった場合などは施工主の方と密に連携し、変更についても正確に把握しておくことが重要です。

さらに、リノベーションでは大規模に家を変えるケースではことができます。しかし、同時に工事も大掛かりになるため、近隣の方に迷惑がかかる可能性もあります。マンションの場合は、管理組合で規約などをよく確認しましょう。施工が始まる前には、近隣の方々への挨拶を忘れずにしておくこともポイントです。

リフォームやリノベーションを考えている方は、まずはリフォーム業者に相談することをおすすめします。してみましょう!
大阪市で家をガラッと変えたいとお考えの際は「和光ホームズ」にお問い合わせください。愛着のある家を残しつつより住みやすくしたい場合も、環境なども含めて住まいを一新したい場合も、スタッフが親身に相談に乗り、ご希望に寄り添います。希望に寄り添ってくれるスタッフがおります。リフォーム・リノベーションをお考えの方は、
ぜひ、和光ホームズにご相談ください。希望をお伝えください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP